FacebookがMetaに社名変更

ちょっと前のことですが、Facebookが社名をMetaに変更しました。

 

Metaは「Metaverse(メタバース)」が由来だそうです。

 

Metaverseは、コンピューターが作り出す3次元の仮想空間という意味のようです。

 

なんで社名を著名なFacebookからMetaに変更してしまうんだろうと思ってしまいました。

 

2015年にGoogleがAlphabetに社名を変更した時も、著名なGoogleのままで良かったんじゃないかと思いました。

 

 

Mateのロゴが日本の会社のロゴと酷似

 

Facebookの新社名Metaのロゴが、日本のMinittというウェブアプリケーション会社のロゴと酷似しているとニュースになっていました。

 

metaのロゴ

左がMinitt社のロゴ、右がFacebookのMetaのロゴ

Metaのロゴ 画像は下記URLより引用

https://news.yahoo.co.jp/articles/5cc34c6db61b9c01c3ce9f5ea950237bcf7a0ac5

 

確かに、激似です。

 

Facebookは上記ロゴを、2021年10月28日にアメリカで商標登録出願しているのに対して、日本のMinitt社は商標登録商標していないそうです。

 

マドプロ出願又は日本に個別出願を行うと、パリ条約の優先権により、日本国内においても2021年10月28日に商標登録出願したことになります。

 

もし、Facebookの商標が日本で成立すると、日本のMinitt社が上記ロゴを使用すると、Facebookの商標権侵害となります(外観類似と考えられるので)。

 

今から、日本のMinitt社が商標登録出願をしたとしても、Facebookの商標が先願先登録商標となり、拒絶されます(商標法第4条第1項11号)。

 

日本のMinitt社は、Facebookよりも先に使用しているのですが、Facebookの出願日において、日本のMinitt社のロゴは周知になっていないと考えられますので、先使用による商標を使用する権利は発生しないと考えられます。

 

先使用による商標を使用する権利については、ここをクリック(新しいページが開きます)

 

先使用による商標を使用する権利を主張するにしても、周知性の立証は困難ですし、認められない場合も多いです。

 

どうして、日本のMinitt社が商標登録出願をしなかったのか悔やまれるところです。

 

もし、日本のMinitt社が商標登録出願をしていて、商標権が発生すれば、Facebookから多額のライセンス料を貰えたかもしれません。

 

日本のアイホン社は、アップルコンピュータから年1億円のライセンス料をもらっているそうです。

 

このままでは、日本のMinitt社はロゴを使えなくなる可能性が高いです。

 

やはり、会社名、ロゴ、商品名は商標登録出願をしておくべきです。

 

商標登録出願をしておくべきだということは、過去のコラムに書きましたので、御覧いただけると幸いです。

 

商標権を取得しなかった場合はどうなるのか? (ここをクリックすると新しいページが開きます)

 

商標の出願を検討しなかった場合にはどうなるのか?(ここをクリックすると新しいページが開きます)

 

名古屋の特許事務所-新名古屋特許商標事務所のロゴ

お電話でのお問合せはこちら

090-1296-5979
営業時間:月〜金 9:00〜17:00 (定休日:土日祝日)
メールアドレス:kitas@kitap.jp


新名古屋特許商標事務所の出張料無料エリア(名古屋市周辺の愛知県等)

愛知県全域、岐阜県南部、三重県中北部

愛知県には、名古屋、豊田、一宮、豊橋、岡崎、春日井、豊川、安城、西尾、小牧、刈谷、稲沢、瀬戸、半田、東海、江南、あま、大府、知多、日進、蒲郡、北名古屋、尾張旭、犬山、碧南、豊明、知立、清須、津島、愛西の各市等が含まれます。

岐阜県南部には、岐阜、大垣、各務原、多治見、可児、関、中津川、羽島、土岐、美濃加茂、恵那、瑞浪、海津、本巣の各市が含まれます。

三重県中北部には、桑名、四日市、津、鈴鹿、亀山、いなべの各市等が含まれます。

その他のエリアについては、ご相談下さい。無料で出張させていただく場合があります。

関連キーワード
コラム, 商標の関連記事
  • 警視庁のマスコット「ピーポーくん」の名刺販売で商標権侵害
  • 小室眞子さんの名前が中国で商標登録-弁理士による解説
  • FacebookがMetaに社名変更-日本の会社のロゴと酷似
  • 鬼滅の刃の炭治郎の柄の商標出願が拒絶-弁理士による解説
  • 音楽機器のズーム社がWeb会議「Zoom」を商標権侵害で提訴 弁理士による解説
  • ラブホテルシャネル事件 不正競争防止法 弁理士による解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
コラム
新型コロナウイルの蔓延の状況下において激増した意匠登録出願があります。 それは、①マスク、②接触防止具です。 ①マスクの意匠登録出願 201...