商標登録出願の審査期間

 

商標登録出願の審査期間

商標の審査期間(出願から登録査定又は拒絶理由が通知されるまでの期間)は、以下の通りです。

 

①ファストトラック審査:6ヶ月弱

 

②通常審査:1年弱

 

③早期審査:2ヶ月弱

 

①ファストトラック審査

 

ファストトラック審査となるのは、出願時商標登録願に記載している指定商品・指定役務が、特許庁が指定する(1)類似商品・役務審査基準、(2)商品・サービス国際分類表(ニース分類)に記載されている指定商品・指定役務のみの場合です。

 

特別な手続きは不要です。

 

出願時商標登録願に記載している指定商品・指定役務によって、①ファストトラック審査となるか②通常審査となるかが決定されるので、出願後に補正により、指定商品・指定役務を(1)類似商品・役務審査基準、(2)商品・サービス国際分類表(ニース分類)に記載されている指定商品・指定役務に限定しても、ファストトラック審査の対象にはなりません。

 

商標登録出願ファストトラック審査の対象となると、出願から6ヶ月弱で審査結果が通知されます。

 

参考文献

 

②通常審査

①通常審査で審査を受けることになるのは、②ファストトラック審査および③早期審査以外の出願です。

 

 

出願時の商標登録願に、審査において採用された商品・役務や、今までに無い新しい商品や役務を記載した場合には、通常審査となります。

 

通常審査の場合には、出願から1年弱で審査結果が通知されます。

 

 

③早期審査

早期審査の対象となるのは、以下のⅰ~ⅲのいずれかの条件を満たしている場合において、早期審査に関する事情説明書を特許庁に提出して、早期審査となることが認められた場合です。

 

 

ⅰ)全ての指定商品・指定役務について、出願商標を既に使用している

 

ⅱ)一部の指定商品・指定役務について出願商標を既に使用し、使用していない商品・役務が(1)類似商品・役務審査基準、(2)商品・サービス国際分類表(ニース分類)に掲載の商品・役務のみを指定

 

ⅲ)一部の指定商品・指定役務について出願商標を既に使用し、権利化についての緊急性(第三者が使用・第三者から警告等)が有る場合

早期審査を受けるためには、少なくとも商標登録願に記載した指定商品・指定役務を使用していることが要件となります。

 

早期審査の対象となると、早期審査に関する事情説明書を特許庁に提出してから2ヶ月弱で審査結果が通知されます。

 

商品登録出願と同時に早期審査に関する事情説明書を特許庁に提出した場合には、出願から2ヶ月弱で審査結果が通知されます。

 

 

まとめ

商標登録願に記載する指定商品・指定役務によって、審査期間は変わります。

 

審査期間を考慮して、商標登録願に記載する指定商品・指定役務を決定するのも一つの方法であると考えます。

 

早く商標権を取得したい場合

商標登録願に記載する指定商品・指定役務を、実際に使用している商品・役務に限定する→早期審査の対象となり、2ヶ月弱で商標権取得

 

商標登録願に記載する指定商品・指定役務に、(1)類似商品・役務審査基準、(2)商品・サービス国際分類表(ニース分類)に掲載の商品・役務のみを記載→ファストトラック審査の対象となり、6ヶ月弱で商標権取得

 

早く商標権を取得しなくても良い場合

商標登録願に記載する指定商品・指定役務に、(1)類似商品・役務審査基準、(2)商品・サービス国際分類表(ニース分類)に掲載の商品・役務にとらわれず記載→通常審査となり、1年弱で商標権取得

 

 

 

名古屋の特許事務所-新名古屋特許商標事務所のロゴ

お電話でのお問合せはこちら

090-1296-5979
営業時間:月〜金 9:00〜17:00 (定休日:土日祝日)
メールアドレス:kitas@kitap.jp


新名古屋特許商標事務所の出張料無料エリア(名古屋市周辺の愛知県等)

愛知県全域、岐阜県南部、三重県中北部

愛知県には、名古屋、豊田、一宮、豊橋、岡崎、春日井、豊川、安城、西尾、小牧、刈谷、稲沢、瀬戸、半田、東海、江南、あま、大府、常滑、知多、日進、蒲郡、北名古屋、尾張旭、犬山、碧南、豊明、知立、清須、津島、愛西の各市等が含まれます。

岐阜県南部には、岐阜、大垣、各務原、多治見、可児、関、中津川、羽島、土岐、美濃加茂、恵那、瑞浪、海津、本巣の各市が含まれます。

三重県中北部には、桑名、四日市、津、鈴鹿、亀山、いなべの各市等が含まれます。

その他のエリアについては、ご相談下さい。無料で出張させていただく場合があります。