この前は、技術的な形状意匠権を取得できる旨の投稿をしました。 ここをクリックすると新しいウインドウが開きます。(技術的な形状は意匠権を取得できるのか? 意匠制度の上手い使い方)  
しかし、例外が有り、物品の機能を確保するのに不可欠な形状のみからなる意匠は意匠権を取得できません(意匠法5条3号)。
  具体的に、物品の機能を確保するのに不可欠な形状のみからなる意匠は意匠権とはどのようなものなのでしょうか?  
  例えば、パラボラアンテナの内側部分のみの意匠が該当します。 パラボラアンテナの内側部分
パラボラアンテナの内側部分のみの意匠
パラボラアンテナの内側部分の形状というのは、電波を適切に反射させるために、その形状が決まってしまいます。  
このため、パラボラアンテナの内側部分の形状に意匠権が設定されてしまうと、意匠権者や意匠権者からライセンスを受けた者以外は、パラボラアンテナを製造できなくなってしまい不当な結果となってしまいます。  
このため、物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠は、登録されないようになっているのです。  
逆に言いますと、物品の機能を確保するのに不可欠な形状のみからなる意匠でなければ、技術的な形状の意匠であったとしても意匠登録されます。  
前回取り上げました、タイヤのトレッドパターンは技術的な形状の意匠ですが、意匠登録されます。  
特許権のみならず、意匠権によっても、その技術的な形状をおさえることができるので、意匠権はかなり使いみちの有る権利であると思います。
名古屋の特許事務所-新名古屋特許商標事務所のロゴ
お電話でのお問合せはこちら 090-1296-5979 営業時間:月〜金 9:00〜17:00 (定休日:土日祝日) メールアドレス:kitas@kitap.jp ※スパムメール対策のため@だけ全角にしています。 @だけ半角に置き換えください
新名古屋特許商標事務所の出張料無料エリア(名古屋市周辺の愛知県等) 愛知県全域、岐阜県南部、三重県中北部 愛知県には、名古屋、豊田、一宮、豊橋、岡崎、春日井、豊川、安城、西尾、小牧、刈谷、稲沢、瀬戸、半田、東海、江南、あま、大府、知多、日進、蒲郡、北名古屋、尾張旭、犬山、碧南、豊明、知立、清須、津島、愛西の各市等が含まれます。 岐阜県南部には、岐阜、大垣、各務原、多治見、可児、関、中津川、羽島、土岐、美濃加茂、恵那、瑞浪、海津、本巣の各市が含まれます。 三重県中北部には、桑名、四日市、津、鈴鹿、亀山、いなべの各市等が含まれます。 その他のエリアについては、ご相談下さい。無料で出張させていただく場合があります。
関連キーワード
コラム, 意匠の関連記事
  • 警視庁のマスコット「ピーポーくん」の名刺販売で商標権侵害
  • 小室眞子さんの名前が中国で商標登録-弁理士による解説
  • FacebookがMetaに社名変更-日本の会社のロゴと酷似
  • 鬼滅の刃の炭治郎の柄の商標出願が拒絶-弁理士による解説
  • 音楽機器のズーム社がWeb会議「Zoom」を商標権侵害で提訴 弁理士による解説
  • ラブホテルシャネル事件 不正競争防止法 弁理士による解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事