当事務所は、名古屋駅の北側の新幹線の高架下に有る新名古屋センターに入居しています。  
新幹線の高架下なので、新幹線が通過すると、事務所内はそれなりの騒音がします。  
名古屋駅から近いので、当所の上を通過する新幹線の速度はそれほど速く無いはずですが、たまに200km/h以上で走行しているのでは無いのかという騒音がします。
ひょっとして、新幹線が名古屋駅を通過するいわゆる”名古屋飛ばし”じゃ無いのかと思ったのですが、今では全ての東海道新幹線は名古屋駅に停車します。
200km/h以上で当所の上を走行している新幹線の正体は何でしょうか? ひょっとしたら、ドクターイエローでしょうか? だとしたら、幸せを呼んでくれるかもです。
なぜ、当事務所が新幹線の高架下に入居しているのかというと、新幹線の高架下であることから賃料が比較的安く、事務所の賃料という固定費を抑えて、リーズナブルな料金を実現するためです。
私自身は、鉄道好きなので、新幹線が通過する音はあまり気になりませんが、当所で打ち合わせをする場合や、電話で会話する際、ZOOM等で打ち合わせをする際には、定期的に新幹線の通過音が聞こえますのでご了承下さい。 これも、固定費やランニングコストを抑えることでお客様に還元し、リーズナブルな料金を実現するためです。
ところで、当事務所が入居している新名古屋高架センターには神社が有ります。 新幹線の高架下の建造物内に神社が有るのって最初見た時に驚きました。
私自身は、信仰心は全く無いのですが、神社の御利益が有ると良いなあと思っています(笑)。  
 
名古屋の特許事務所-新名古屋特許商標事務所のロゴ
お電話でのお問合せはこちら 090-1296-5979 営業時間:月〜金 9:00〜17:00 (定休日:土日祝日) メールアドレス:kitas@kitap.jp ※スパムメール対策のため@だけ全角にしています。 @だけ半角に置き換えください
新名古屋特許商標事務所の出張料無料エリア(名古屋市周辺の愛知県等) 愛知県全域、岐阜県南部、三重県中北部 愛知県には、名古屋、豊田、一宮、豊橋、岡崎、春日井、豊川、安城、西尾、小牧、刈谷、稲沢、瀬戸、半田、東海、江南、あま、大府、知多、日進、蒲郡、北名古屋、尾張旭、犬山、碧南、豊明、知立、清須、津島、愛西の各市等が含まれます。 岐阜県南部には、岐阜、大垣、各務原、多治見、可児、関、中津川、羽島、土岐、美濃加茂、恵那、瑞浪、海津、本巣の各市が含まれます。 三重県中北部には、桑名、四日市、津、鈴鹿、亀山、いなべの各市等が含まれます。 その他のエリアについては、ご相談下さい。無料で出張させていただく場合があります。
関連キーワード
コラム, その他の関連記事
  • 警視庁のマスコット「ピーポーくん」の名刺販売で商標権侵害
  • 小室眞子さんの名前が中国で商標登録-弁理士による解説
  • FacebookがMetaに社名変更-日本の会社のロゴと酷似
  • 鬼滅の刃の炭治郎の柄の商標出願が拒絶-弁理士による解説
  • 音楽機器のズーム社がWeb会議「Zoom」を商標権侵害で提訴 弁理士による解説
  • ラブホテルシャネル事件 不正競争防止法 弁理士による解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事